« 自転車と南の島_12(8/15===7日目) | トップページ | 自転車と南の島_14(8/15===7日目) »

自転車と南の島_13(8/15===7日目)

  Dsc00807
渡具知の兄さんに教えられた通り、長い坂を下りて上って居酒屋の前。
左手には左前方向へ行く道と左やや後方へ行く道。
判らなかったので左前方に行ってみたら間違いだった。
入り口の看板によると、どうやら住民と悪臭被害等で相当もめてるらしい
ブロイラー農場の専用道路に入っちゃったみたい。
渡具知の兄さんが「この辺通るとちょっとブロイラーが臭いけど・・・」
なんて道を教えてくれる時に言ってて「?」だったんだけど、なるほどね。
正しい道を海側に下りて漕ぎ降りていくと、大きなブロイラー農場の脇は
確かに相当なモノでした^^;しょうがないとは思いますけども・・・

緑が多くて車がほとんど通らない、気持ちの良い広い坂道を軽快に下ります。
途中すれ違った中学生ぐらいの姉弟と目が合ったので会釈してみたら
にこーと笑って挨拶してくれた。嬉しい。
自主的にお散歩デート中の犬も。
  Dsc00813
かなり来て「大丈夫かな?」と思ったあたりに教わったとおりの鳥居と道ふさぎを発見。
これかぁ。
  Dsc00814 Dsc00815_2
道ふさぎを潜り抜けて軽い坂を上ると辺り一面むせかるような甘い香り。
右手はパイナップル畑、左手はサトウキビ畑がザワザワ揺れながら
昼下がりの空気に温まった香りを振りまいているのでした。
  Dsc00818
錆びた大きなボンベのようなものがぶら下がっています。
半鐘代わりに鳴らすのでしょうか。どうも戦争の遺物のような気がします。
大きく絡まりあったガジュマルに抱かれた奥に久志観音堂がありました。
  Dsc00833 Dsc00827
  Dsc00823
  
このガジュマルは先ほど行った辺野古で撮影した「ホテルハイビスカス」の中で
キジムナータンメー(きじむなーは、子供と遊びたがるいたずら妖怪。
で、↑はきじむなー爺さん、みたいな意味。きじむなー呼びのおじさんです)が上に
小屋を作って住んでいるという撮影に使われた木です。
   Dsc00825 Dsc00826
  Dsc00820
映画の中でも大きな木だなぁと思ってはいたのですが、実際に見ると正に迫力。
ぐるっと周囲200度以上をこの木に囲まれる雰囲気になります。
確かにこんな木なら何か住んでいそう。
何かこちらの言葉を聞いて答えてくれそうな気配がします。
ガジュマルが何故沖縄で大切にされているのか少しわかりました。

この先どうしようか少し考え、ひとまず金武の町に向かって走ってみるかなと
ポンすけ号を南に向けてリスタート。

|

« 自転車と南の島_12(8/15===7日目) | トップページ | 自転車と南の島_14(8/15===7日目) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車と南の島_13(8/15===7日目):

« 自転車と南の島_12(8/15===7日目) | トップページ | 自転車と南の島_14(8/15===7日目) »