« 2007年8月 | トップページ

2007年9月

自転車と南の島_22(8/18===10日目)

最後の目的のお土産を実はまだほとんど買ってないので
みんなと名残を惜しみながら旭橋駅で落としてもらいました。
この後斎場御嶽(時間が許すなら私も行きたかった・・・)へ向かう車を見送りつつ
美栄橋駅へ向かいます。
駅員さんに聞いて・・・見つけた。フレッシュマートユニオン!
店頭でほにゃららした曲が流れてるのを聞いて
「ああこれがみんなが話してたアレかぁ~」と感慨深くなってみる。
ここまできたからには、と思い、探してみたが見当たらない。
店員さんに「あのぉ~この曲(と天井を指差す)のCDがあるって聞いてきたんですが・・・」
と言ったら軽く噴かれました。ふは。
「ちょっとまってくださいねー、事務所にまだあるかと。」
と探しに行ってくれて「今1枚だけありましたー」と受け取る。
「お、売り切れましたか?」と言ったら「いやいや・・・まだまだ
在庫は死ぬほどあるんでwww」とのお答えが。
「ユニオンですから泡盛」2種類も土産に購入。
  Dsc01213_2
そのまま国際通りへ移動、一昨日見つけたハイビスカスの苗を
買い、某人からお勧めされていた黒糖酒や、とある友人男子に
プレゼントしてやろうと思ったハブ酒、お茶葉などを買う。
と、そこでこんなものを発見。
  Dsc01173_2 Dsc01174
祭事の時に燃やす神様のお札です。台湾と同じ文化だ!
台湾のは金箔が貼ってあったり絵が描いてあったり、真っ赤で
ド派手なんですが、台湾のは黄色くて銭模様の押し型のみ。シンプル。
  

  Dsc01200 Dsc01201
話は前後しますがユニオンではものすごい線香の束を見ました。
流石、祖先と祭事を大事にする地域です。

国際通りを歩きながら某人に「帰りたくないよー」とメールしつつ気づけば5時。
慌ててチャンプルー荘に戻って預け荷物をひきとり、ヨーコさんとさよならの握手。
また来ますね、と挨拶してザックを背にポンすけ押して牧志駅へむかいます。
うーん、この格好目立つんだろうか。ザックで自転車の時にはものすっごい見られたなぁ。
この旅の間。(というかこんな格好でイイ年、てのがアレだったんだろうか)

ゆいレールと那覇空港は直結していてチェックインもスムーズでした。
やや時間が余って軽くお腹もすいてたので、最後の最後にA&Wに入り
ルートビアフロートとベーシックなハンバーガーを食べてすぐ搭乗。
  Dsc01207 Dsc01208
暗い中、街頭やなにかで浮かび上がった沖縄の地形がものすごく
解りやすくて「あそこはアレだな、そこはこれだな」と思いながら
眺めます。目の高さで稲妻が何度も光る・・・内に雲に入って
沖縄は見えなくなってしまいました。
さよなら。またね。

| | コメント (30) | トラックバック (0)

自転車と南の島_21(8/18===10日目)

最終日。朝、7時半ぐらいに、ぼけーっと目を覚ます。
旅の間、毎日5時前後に起きていたのだけれど沖縄本島に入ってから
段々と起きるのがゆっくりになってきたような。
牧志公設市場の角にいるおばちゃまの所でジュースを買って
戻ってきて、1階の共同スペースで農連市場で買ってきたおにぎりや
お菓子と一緒に朝ごはんを食べていると皆が三々五々起きてくる。
同宿の可愛らしいお嬢さんから「帰り、もう一日伸ばそうよぅ~」と
何度も素敵な誘惑をされるのにふらふらしつつ(実は私のチケットは
1回なら日程変えられたんだよね)、でも翌日の日曜日だと、もう
全然座席とか無いかもしれないという懸念もあったり片づけや洗濯を
しなければ・・・という考えもあったり。
ごめんごめんと謝りつつ嬉しいなぁと考える。
  Dsc01172
ちょっとお土産品の買出しに行って戻ってくると皆が昨日計画してた通り、レンタカーを
借りて米軍基地のフリーマーケットに行くって話。わーい一緒に行くよーと便乗。
で、目的の 基地まで行ってみるも・・・なんかフリマをやってる気配無し。
「?」となりながらもひとまず「海で泳ぎたい!」という男子二人を
ビーチまで行って降ろし、他にやってる所は無いか検索。
うーむ、やってない・・・

もう一度さっきの基地の前通ってみようかと戻ってみる。 と。
   Dsc01182_3
  『フリーマーケットはキャンセルされました』 の張り紙。

がーん。わっはっはっは!いやー!どうするぅー?
と大笑いしながら「じゃぁブルーシールでステーキ食おう!」と言う話に。
BlueSeal BIG DIP読谷店。ステーキ!200gと400g!
  Dsc01186 Dsc01188
300円プラスすると、サラダバーとドリンクバーと、デザートに
焼き菓子が1つ+アイスクリームは食べ放題!トッピングし放題!
で、こんなものを制作。
  Dsc01197 Dsc01199
一口アイス盛りw

同宿者さん達の頼んだパスタがすごくて。いや何が凄いって
香港のスパゲッティーハウスとかで出てくるアレが出てきました。
アレ・・・「香港人は多分アルデンテを知らないw」パスタ。
中心まで茹だりきってむちょんむちょんになってるアレです。
いや、個人的にこれはこれで味わい深いと思うんだけど(香港の、
皿にお湯がたまってるアレを完食したアタシ)同宿者さん達は
舌がデリケートらしく「こ、これは・・・」と残していました。
アイスは流石に美味かった。意外とさっぱり味なのね。
焼き菓子が意外な位に美味くて、種類が沢山あるのに1個しか
試せなかったから、他のを全部買って帰りたい程でした。
また沖縄来たらBIG DIP来ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_20(8/17===9日目)

首里城を後にして石畳の方へ行ってみました。が、この辺は果てしなく
緩やかな階段が続くので全く自転車には向いていません。
しょうがないのでポンすけを持ち上げて下りてみた。
うん、こういう時にMETROの軽さは便利だなぁ。
  Dsc01105 Dsc01106
【←五本の赤木 御嶽】という看板を見つけてそちらに行くと
100mほど行った所にこんな場所。ほんとうに巨大な赤木と御嶽2つ。
  Dsc01107 Dsc01108_2
ムーチー神事の起源の兄妹が住んでいたらしい。
  Dsc01116_2 Dsc01117
鬼の餅に釘や割れ物が入ってて、なんて話のほうは子供向けだけど
鬼の餅は鉄入で鬼はとても食べられず、だけど娘の餅は柔らかい餅で
ぱくぱく食べているのを見て『なんでこんな硬いのをこの娘は
易々と食うんだろう?』と怖くなった鬼が娘の着物の裾を見ると・・・
の方は、起源は民話にありがちなアダルトな話?と予測されます。
  Dsc01112 Dsc01108_3
赤木の根元に洞があり、神様が降りてこられるそうな。
  Dsc01113 Dsc01115
何にしても不思議な空気が漂っているところで、確かにこれは
何かの場所だろうなという感じがします。今回の旅の中では
一番のパワースポットだったかもしれない。
だいたい何かの力のある場所では植物は大きくなる事が多いのだ。

瑞泉酒造。開いてたら寄ろうかと一瞬思ったら、閉まってた。
  Dsc01125
そろそろ夕方。本当はソーキ丼の石嶺食堂まで行くつもりだったの
だけど、今回は断念する事に。お腹がすいたなぁと思って一瞬
通りがけの「首里そば」に行こうかと考えたけど、もっと行って
みたい店があったので我慢してゆいレールにのって旭橋へ向かい
ポンすけを広げて走り出す。もう日暮れ。

北西方向の風俗街程近くに宮古そばの「だるまや」があります。
出汁がかなり美味しいという話。ここもタクシーやトラックの
運ちゃん御用達食堂っぽい感じ。
券売機を見たら「葱からフーチバーに変更する時は注文時に」
と書いてあったので、それはよい話を聞いたとチェンジ。
  Dsc01130
フーチバー、景気よく大盛り過ぎ。いい匂い!苦い!身体によさそう!
だけど匂いが強いので最後はちょっと辛かった^^;
うまうま後は駅の方向に戻り、山羊料理専門に行きます。
最終日の夕食くらいは豪華に行きましょう。
  Dsc01131 Dsc01134
前から沖縄に行ったら山羊と海蛇を食べてやろうと思って
いたので、とりあえず片方制覇だね。山羊刺身~♪
刺身といっても火は通してあるらしい。カツオたたきみたいな?
1人静かにゴキゲンに、オリオンビール飲んで泡盛飲んで
もう少しで山羊刺身も食べ終り、というところで携帯に着信。
ヨーコさんから「みんながねぇさんは今日はヘリオスビールを
飲みに行かないのかな?ってー」という電話。
嬉しくなっちゃって、会計を済まして店を出る。

宿について、お待たせしましたー!と昨日は閉店しちゃってた
ヘリオスビールに出陣、ロングソーセージとか頼んだりして
カパカパとビールを空け、酒買って帰ってまだ飲んで、興が乗って
真夜中2時には農連市場へ皆で出没。
  Dsc01161 Dsc01150
野菜とかお菓子とかおにぎりとかうなぎ飯とか買う。
どれもこれもめちゃ安です。いやぁ、今後はここでご飯賄うかな。
うなぎ飯弁当なんて300円だったもんなー。
チャンプルー荘は自炊設備が無いから料理とかはできないけど
ある程度は何かがなんとかなりそうな。そうでもないような?
  Dsc01157 Dsc01168
  Dsc01162 Dsc01166
  Dsc01164 Dsc01165
宿に帰りついたらもう3時過ぎでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_19(8/17===9日目)

結構な混雑の中、ポンすけ号がなるべく人の邪魔にならないようにと
頑張って押さえていたら、先頭の展望席に座っていたおばさまが
「大変そうだからここに座っときなさい。もう次に降りるから」と
席を譲ってくれました。ごめんねぇ、ありがとう。おばさま。
という訳で、展望席ではしゃぐお子様に混じって静かに大喜び。
  Dsc01033
ゆいレールは運転手のワンマンなので、ドアの開閉と確認をしたり
また席に戻って運転したりとなかなか大忙しの仕事のようです。
制服がかりゆしウェアで、駅構内では若い女性も業務についてて
ポニーテールだったりするのが非常に可愛い。
レールがぐんぐんと上がってゆくなぁと思っていたら終点でした。

ポンすけを広げて地図を眺めていたらおねぇさん?と後ろから声。
振り返るとタクシー運ちゃん?っぽいおじさんが
「観光?いつから那覇に来てるのー?」「那覇は昨日から」
「あらまそーネ。なら最初にグラスボート乗るのはどうかナー?」
あら、観光ツアーの勧誘か。
「いやぁ、与論行ってからこっち来たもんで・・・」と言ったら
「あいやぃやぃ、そーネ?じゃあ海はもういぃネ?
 首里城はあっちヨー、気をつけていってらっしゃいネー」
とニコニコーと送り出してくれた。なんか話し方が印象的。

歩く地図だと公園を抜けて・・・とかいてあるけど、公園はどうやら
自転車では無理っぽいので城の裏側の方をずーっと周ってみる。
・・・どうやら作ってる最中の道に迷い込んでしまった。
  Dsc01034b Dsc01036b
下の方を観光客が歩いてるのと、上の方で工事関係者が休憩してるのを
眺めながらそこから抜け出て、大周りでぐるーんといってみたら
ポンと守禮之邦の門の所まで出ました。
  Dsc01037b Dsc01042b_2
  Dsc01044b Dsc01045b
が、どうも周りは全部階段ばかりで自転車は無理そう。
警備の人にバイク置き場を聞いたのだけどよくわからず、ひとまず
土産物屋の裏の裏の陰にそーっとポンすけを隠して観光に出てみます。
・・・逆に入っちゃったっぽい。
よくわからんままに一度門を出て行ったりきたりしながらなんとか把握。
  Dsc01046 Dsc01047b
  Dsc01048b Dsc01049b
門番のおじ様が素敵な衣装を着ておられたので撮らせていただき、その後も
中で皆さんの制服をどんどん撮らせてもらう。
ただ靴の袋を配布・回収してる方達だけ物凄く忙しそうだったので
背後から隠し撮りみたいになっちゃってますw
  Dsc01050b Dsc01063b
  Dsc01078b Dsc01079b
黄色い被り物の方に「お着物撮らせていただいてよろしいですか?」と
訊いたら「着物だけでいいんですか?」とニヤリ。
「いやいやいや、素敵な中身も是非。はい、素敵な中身さん笑ってー♪」
と撮らせてもらう。いや、沖縄のダンディ、可愛いわ。やばいわ。
  Dsc01052b Dsc01053b
城観光。資料を基に再建した建物ですがなかなか素敵。
  Dsc01065b Dsc01055b
  Dsc01080 Dsc01081
  Dsc01085 Dsc01089
琉球踊りも見られます。
  Dsc01057 Dsc01060

今年初頭に  間という、王子が賓客をもてなした場所が再建されて300円で
琉球菓子とさんぴん茶(おかわり貰えます)を味わう事が出来ます。
  Dsc01067b Dsc01068
「はなぼうる」が市場で売ってる簡易型ではなく実に綺麗に作ってあって
食べるのが勿体無いくらい。食べちゃったけど。美味しかった。

琉球菓子の講座があった時に使った資料があり、閲覧できます。
非常に興味深い内容で、この講座は出席してみたいなぁと思いながら延々と読んでしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_18(8/17===9日目)

朝7時半に起床。実質的に本日が最終日みたいな状態。なんかあっという間。
8時前に起きてたらシャッター開けてくださーい!とヨーコさんから
特命を拝命していたので、なるべく音がしないように頑張って開けてみる。
荷物預けに来た子達の受取代行して、今日はどう動くかを地図でいろいろ
考えてる内に他の子達も起きてきたり、ヨーコさんもやってきたり。

お嬢さんたちが「朝の散歩に」なんて言うのに一緒についてゆく。
「いつもいく店にいってもいいですかー」と1人のお嬢さんが、牧志公設市場の
1階で梅干を買ってちょっと試食をし、2階でさーたーあんだぎーを買う。
1階の鮮魚店で客引きをされるも、まぁいいかーと撤収。
  Dsc00994
その後もう1人のお嬢さんがムームーを買い(市場周辺では可愛らしいムームーが
1枚1000円で売っとるのです)、松尾菓子店でばら売りのお菓子を買い、一旦帰還。
  Dsc00995 Dsc00996

さて出かけますか、とポンすけと出発。昨日皆が絶賛してたタコライスのお店
「赤とんぼ」でタコス(小)とタコライス。安い、旨い、辛い、旨い!
  Dsc00999 Dsc01001
店前の往来のテーブルで食べてたら通りがかりのおば様に「ここのは美味しい?」
と聞かれたので「相当旨いと私は思います!」とお勧めしてみる。
おば様(中)を2個お買い上げ。待ち時間でちょっと喋って「気をつけて旅してねー」
とお別れしたら、同じ宿で先に出発したはずのお兄ちゃん二人がやってきた。
やちむん通りを眺めて戻ってきたらしい。ここのタコライス旨いよねーと言いつつ
別れ、彼らの逆ルートでやちむん通りへ。
かまぼことカステラにどういう共通点があるのかわからない・・・と思ったら沖縄には
『カステラかまぼこ』というものがあるらしい。ふーん?
  Dsc01002 Dsc01003
  Dsc01004 Dsc01005
多少店舗を眺めつつも、あっという間に通り抜けてしまった。
途中、一瞬『シーサー作りたいかも・・・』と思ったけど、次回の楽しみにして
おこうかなぁと考えなおす。
  Dsc01010 Dsc01012
一本裏の道へ、文化財指定ながら普通に一般人の住宅な「新垣家住宅」の
となりのぶくぶく茶の店に入ってみた。
  Dsc01007
もとラジオ局の建物だったらしい、綺麗な建物。
ぶくぶく茶とは祝いの席で出されたあわ立て茶なのだが、一杯700円。
今日までコーヒーなんかも節制しながら旅行してた目には、飲み物が
300円を超えていると言うのがチカチカするぐらい高額に見える。
が、建物の見学料だと思うことにしてみる。ケーキセットにして
みたかったが、ケーキセット1100円はちょっと予算設定を外れすぎ。
しかし確かに内部もかなり素敵な建物でした。女性陣には超お勧め。
建物内撮影禁止だったのでぶくぶく茶と建物の写真はありません。
が、お客さんの携帯カメラの記念写真を店員さんが撮ってあげてたから
大丈夫だったかもー・・・ 
  Dsc01006 と、そ~っと撮ってしまう。
ここで、他で全く見た事が無い「ラベンダーの蚊取り線香」を購入してしまう。
600円。高ー。けどお茶より安いw

  Dsc01013 Dsc01015
そのまま細い小路をどんどんぬけ、桜坂の上に到着。
昨日見かけた、商店で飼われてる人懐っこい仔猫を発見。やっぱり可愛い。
  Dsc01016 Dsc01022
  Dsc01018 Dsc01019

国際通りに抜け、気になっていた「謝花きっぱん店」へ。
  Dsc01026
きっぱん=オレンジピールを固めたようなもの、冬瓜漬=冬瓜の砂糖煮
なんですが、試食に両方出されたら、この冬瓜漬が想像以上に旨い。
かなり甘いんだけど、これは確実に焼酎、コーヒー、紅茶に合う。
試食で出てきた麦茶とも合って、旨い旨い。さっそくお買い上げ。

そのまま裏道をぐるぐるあちこち周りつつ下っていって、旭橋駅から
ゆいレール2日間乗り放題券(1日=600円、2日=1000円。
  Dsc01030 Dsc01032
ちなみに1日のものなら、どの区間でも3回乗ればオトクになります)を
購入して終点の首里へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_17(8/16===8日目)

今晩これからどうしようかなぁと思いながらぼけーっとしていると、さきほど自転車で
帰ってきた長身のお兄ちゃんとヨーコさんが何か書いてる。
なにやってるのかなーと見ていたら「書く?」と紙とペンを渡された。
「やったー、おしつけた!『島』よろしくね!」
どうやら彼が自転車で沖縄本島を一周してきたので、お祝いフォトを撮る為の
「祝」「本」「島」「一」「周」を書いてるんだそうです。
ひゃっほう。書きますよ。描かせて下さいよ!大好きですよそんなの!
んで「島」の下の「山」を島の絵にしちゃって、太陽を描いて、「周」の下の「口」の
部分に彼の自転車を描いてしまった。勝手放題さぁw
そんな事してる間に話題のおっとりお嬢さんや、他のお嬢さん方が到着。
わぁ、女の子一杯来ると華やかになるなぁ。

せっかく賑やかになったけど、ひとまず那覇も観光してみなくてはと宿を出て
国際通りにむけてぷらぷらと行ってみました。
宿を出た直後にいかにも観光客!な女子二人に
「すいませーん国際通りはどっちですかー?」
と聞かれてしまった。
「あっちー」と答えながら内心(いや、まだ行った事ないんだけど)などと思いつつ
歩いていったら合ってたからよかった。これで間違ってたら申し訳ない^^;
  Dsc00984 Dsc00985
公設市場近くでお菓子屋を覗き、近くでひょいと見上げたら「SEX」の中でチンピラが
投げ落とされていた場所とよく似た風景を見つけた。
うん、まさにこの辺だなぁ、あの描写。
  Dsc00982b

国際通りの牧志側からずーっと降りて、通り入り口のシーサーまで行って戻ってきてみた。
  Dsc00986
私が想像してたより道幅が広い。
で、道端のベンチにマリリンモンローやなにかが腰掛けている中にこんな人が
疲れ果てて腰掛けてました。・・・こんなところで死んじゃダメだよ。
  Dsc00987 Dsc00988

にわか雨に降られたりしながら「何を食べようかなぁ」と迷っていたのだけど
結局思いつかず市場通り周辺をぷらり。島バナナ食べたい。けど7本もいらぬ。
と隣のカップルも「島バナナ、買うには多すぎるねぇ」なんて言ってるので
突然「半分こしません?」とか言ったら快くオッケー。無事に購入。

思いつかぬまま時間ばかり過ぎてくので、自転車兄さんに教えてもらった
「丸安食堂」へ行ってみる事にしました。
周囲は相当真っ暗だし人通りも全然無いけど、まーるで大丈夫さ。
テキパキとおばちゃまたちが調理中。客はタクシーとトラック運ちゃんばかり。
  Dsc00989 Dsc00991
ご飯は通常、漫画盛りで出て来る。この写真はこれでも「ご飯半分」です。
ちなみに写真でみると判りづらいけど御飯茶碗もチャンプルーの皿も結構でかい。
吸い物は沖縄すば入り。
というか沖縄すばの麺少ないバージョンをお吸い物代わりにしてる?
  とうふチャンプルー500円。
  Dsc00990
正直、普通の女の子から見たら、あんまり「清潔」な雰囲気ではないかもしれないです。
けど安くて旨くて大盛なのは確かなので男子旅行者や気にしない女子旅行者にはお勧め。
場所は農連市場のちょっと壺屋やちむん通り側でした。

自転車にいさんと「メニューにある「味噌汁」っていうのが気になる!」と話してたのですが
たまたま隣に座ったタクシー運ちゃんが味噌汁を頼んだのでその実態が明らかに。
野菜とお肉を炒めて、すばの出汁?を入れて味噌をとき卵と豆腐を入れたもの。
しかもどんぶりにどどーん!で、ご飯もついてくる。これも500円だったかな?
運ちゃんは「僕のは牛肉入れないで、かまぼこにしてネ」と頼んだのですが、どうやら
肉抜きでかまぼこが入ってなかったらしく
「僕の、頼んだかまぼこが入ってないネ。かまぼこ炒めていれようネー」
とおばちゃんにオーダーで指示してたのがなんかキュートでした。
ちなみに読み方は「ミソジル」って言ってた気がする。

宿への帰りがけ、入り口の鉄扉や上の鉄格子が台湾に似てるなぁと思うような
建物がいくつも。やっぱり文化圏が台湾とかぶってると思う。
  Dsc00993

宿に戻ったあとは、お兄ちゃんたちに混じっておしゃべり。
ヘリオスビールを飲みに行こう!と提案して連れて行ったら
なんと22時位で閉店らしく連れて行った損になっちゃった。
みんなごめんねぇ。で、コンビニでビール買って宿で飲む。
何のはなししたかほぼ覚えてないんだけど、なんかいつまでも飲む。
で、女子部屋に行ったらお嬢さん方はもう皆寝てたので、しゃがんで
水音がなるべく響かないように軽くシャワー浴びて、そーっと2段ベッドに
収まってすぐストンと寝入ったのでした。オヤスミナサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_16(8/16===8日目)

さて、那覇に向かって出発です。

  Dsc00945b
万座毛。残念ながらにわか雨と雲がやってきてしまって名物の美しい海底は
見えなかったのだけれど、海上の少し向こうで、大雨を降らせている雨雲が
通ってゆくのが見えたのが面白かった。
   Dsc00944b Dsc00947b
ふっと覗いた道端の崖の切れ目が、かるく20m超の高さで、下までカポーンと
何も無いえぐれた崖だったりして足の裏がむずがゆくなったり。
  Dsc00957b Dsc00954b
写真じゃ伝わりにくいけど。

そこから西海岸沿いにミッションビーチやムーンビーチ、真栄田岬の横を抜け
おかし御殿の大きな店舗の前を抜け、どんどん南に移動します。
  Dsc00964
読谷村の予備飛行場滑走路跡。現在は道路工事中。果てしなく平ら。
  Dsc00968
トリイステーション入り口。なんでアメリカ人は鳥居をただの「日本風の門」みたいな
使い方をするんだろうなぁとこの手のものを見ると、いつも思う。

「砂辺の町の、あめりかーのすっばらしい住宅を見ようねー」と言った先には
基地借り上げになる事が多いため天井を非常に高く作ってある美しい住宅と
マンションが立ち並ぶ小奇麗な一角。
  Dsc00976 Dsc00979
空には戦闘機が4機周回中。
  Dsc00972_2 Dsc00973

車内では私が前から気になってた、上條淳史の漫画「SEX」や、この日記に
度々出てくる映画「ホテルハイビスカス」の中に出てくる沖縄言葉の質問会。
  「あきさみよー」→びっくりしたなーもう、みたいなOh My GOD!みたいな。
  「しにでーじー」→すっげぇ大変!
  「わんがわっさたさー」→俺が悪かったわー
  「あめりかー」→アジア人以外の外人全部(白人黒人国籍等関係無し)
だそうです。「どこでそんな言葉聞いたのー」と笑われた。
ちなみに「わん」は基本的に男性がよく使う一人称らしい。

カップルさんの希望でゆいレール古橋駅で彼らを降ろし、いつまでも手を振って別れ
そのまま車は那覇中心部へ。牧志周辺を道に迷ってぐるぐるしつつさくら坂の
チャンプルー荘 へと荷物ごとお届けしてもらっちゃいました。
ついたらちょいと一杯居酒屋で飲んで、そのあとオーナーさんは友達のところで
一眠りして酒抜いて帰ろうかな、なんて言っていたのだけれど、急用ができて
オーナーさん、名護に帰還。

チャンプルー荘は、寝具は清潔だしビルの雰囲気も場所もいい。
管理人さんの、ヨーコさんもキュートで可愛い。
近くのお勧めご飯のお店や、夜になったらこちらの通りは暗くて人通りが少ないから
上から帰ってきたほうがいい!みたいな案内を教えてもらう。

と、ヨーコさんが誰かに電話してる。「大丈夫?フェリー乗れた?心配だよー」
電話についての話をしてるのを聞いていたら、数日滞在してるおっとりとしたお嬢さんが
違う島まで出かけているのだけど、あまりのおっとりさ加減に心配になって電話してみたと言う話。
うわー、なんか、そういうのいいなぁ。
これは楽しい宿にきたかも?と一人静かににこにこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_15(8/16===8日目)

7時に起きる。今朝も素敵なご飯だけど勿論納豆は辞退。
  Dsc00894
カップルさんが、宿オーナーの船でクルージングするんだけど一緒にどうですかー、
という話になってほいほいっと乗ってみる。
古宇利大橋の方も行ってみたかったので言葉どおりの「渡りに船」
  Dsc00897b
だけど、マリーナに行ってみたら波が高くてちょっと危険と言う話。
しょうがないね、とそのままガソリン代払って半島ドライブに切替に。
運天港の裏の砂利の山道を登っていった先から古宇利大橋全景が。綺麗!
  Dsc00901b Dsc00908b

カップルさんが備瀬のフクギ並木が見たいということで一旦ルートは西へ。
途中西瓜の販売所が幾つもあって聞いたら今帰仁スイカという名産があるそうです。
すっごい甘いんだって。
一昨日は私は来なかったフクギ並木の先の岬で少し休憩の後彼らは
フクギ並木を散策へ、私とオーナーさんは茶屋でぜんざいを食べてぼけーとする。
あー、なんか楽しいなぁ。と考えるのはこの旅何度目かもう数え切れない。
  Dsc00916 Dsc00918

そこからぐるーっと周って古宇利大橋を渡る。
本当に晴れてると、橋の上から海底の魚が普通に見えるらしいのですが
やはり海が荒れているらしく、そこまでは。でもこの綺麗さ!
  Dsc00927 Dsc00922
周囲の車はみんな「わ」ナンバー・・・やっぱ観光ドライブ向けの場所だわ。
  Dsc00926b

カップルさんは夕方の飛行機で那覇空港から帰還の予定。
・・・那覇までバスで行くのも時間かかるし・・・ガソリン代払ってこのまま
あちこち観光しながら送ってもらっちゃう?って話に。
おぉぉ、いーんじゃない?私も一緒に行くー!と大乗り気。

ひとまずお昼時、お腹もすいたので前田そばの名物「肉そば」を
食しに少し北のほうまで上がる。
いい店構えと名物「肉そば」、テビチはこのでかさでなんと100円。
  Dsc00931 Dsc00935
もういっちょ迫力の肉そば写真と謎の村祭ポスター。
  Dsc00936 Dsc00933
前田食堂ではなぜかボートも売ってたのですが、看板の文句が変。
  Dsc00937 Dsc00938
彼女さんのほうなどはとても食いきれないのではないかと思ったけれど
なんとかかんとか全員完食して、一度名護に戻り荷物を積みなおす事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_14(8/15===7日目)

沖縄は米軍基地の島。
知識では知っていたけれど実際に道端にゲートがあったり、横を軍人さんを満載した
迷彩の幌付トラックやジープが通り過ぎてゆくのはなかなか実感がわいてくるデキゴトで。
で、この日は↓こんな格好で自転車を漕いでいたので目立ってたのか
  Dsc00847
1つのトラックが通り過ぎざま荷台の米兵達にわーっと手を振られたから
私からも振り返してみる。ちょっと、昔の映画みたいね。

坂の上り下りが結構あって、日差しが強くてばててきた。
全身から、岩盤浴の時のように汗が噴出す感じがする。
途中の湾で、干潮で海がはるか彼方で閃いているのを見た。
  Dsc00836 Dsc00837

宜野座高校前の具志堅パーラー前の自販機でお茶を買おうかと自転車を止めると、
看板に「ぜんざい200円」と魅力的な文章。
ちょうだいなーと言ったら、おばぁちゃんが「ぜんざい無いのヨー」
最近の学生はぜんざいじゃなくシャーベットしか食べないので
この頃はやってないんだって。「どこから来たの」「横浜ー」
「アラ、うちの孫が東京でね」と言う話から、帰ってきてる孫達が今は海にいってる話、
パイナップルランドでボートに乗るのが楽しいらしいなんて話を延々としてる間に
娘さんとお孫さん二人、ご近所のお友達?らしき人たちが続々と帰ってきて雑談。
  Dsc00840_2 Dsc00841
向かいの宜野座高校が甲子園に行った時の写真や新聞記事や旗で一杯の店内で
しばらく暑さを避けてわいわいとやってるうち、金武まで行くよりも
「名護に戻ってちょっと海に入るかな」
という気分になってきたので、宜野座を抜ける所まで行ってからバスで戻る事に。

  Dsc00844 Dsc00846
木が生い茂って何処に公民館があるかわからない所や、海の戻ってきた
さっきの海岸を眺めながら名護に戻り、まずはパーラーでぜんざい。
  Dsc00848
パーラーのお姉さんの息子さん、なんと昨日の合宿帰りの子だったw
港に迎えに来ていた親の車の内一台がこのお姉さんだったらしい。

店に入ってきたおじぃが名護の言葉?でどんどん話しかけてくるのが
もー全然聞き取れないw
総合すると「沖縄は女は幾らでも仕事があるから、夜はパブで働いて旅費を捻出
したらどうだ、そうだ、東京の仕事なんかやめてこっちに来たらどうだ、
職安行けば仕事なんかいくらでもある!で、嫁が欲しい頼りがいある男もゴロゴロ
余ってる!だから明日職安に行け!」という話で決定らしいw
他に、ぜんざいの中の赤い豆は昔は「赤いダイヤモンド」って言ったらしい。
おじぃに、引っ越してきた時は仕事とか口聞いてねぇと帰ろうとしたら
「今晩、宿のドア開けとけ~俺が行くから!」と言われて「嫌だょ~ん☆」とお別れw
モテモテだ☆

民宿ではカップルさんを囲んで近所の人たちで飲み会が始まってた。
誘われたけど、ちょっと海行ってから入れてねー、と水着を持って21世紀の森へ。
涼しくなって犬がお散歩中。野外ステージが素敵。
  Dsc00850 Dsc00851
  Dsc00852 Dsc00853
日が翳ってゆくのを、1人海面に浮んで眺める。いい気分。
透明な小さな蟹が無数に走っている。写真、見えないかも?
  Dsc00857 Dsc00860
ゴーグルとシュノーケルちゃんも、こんなところで使うのは変だけど、とにかく海の中に
入れてやった実績を作ってやろうと(だってハワイで買ってから一度も使ってやって
なかったからね)1回だけ使ってやる。
遠くに向かう飛行機を眺めているうちに段々星が光りだしてきた。
ハワイで見たような夕焼けに細い三日月。
  Dsc00871

宿に戻って夕食を食べ、まだまだ宴会真っ最中だったので加わる。
「今度来たら連絡してー 船乗せて海釣り連れてくから!」とか約束。
延々と馬鹿話、島酒とオリオンビールとチューハイと。楽しいねぇ。
  Dsc00883 Dsc00878

宴会がお開きになって、洗濯物を持って近くのコインランドリーへ出かけた。
洗濯物が周るのを眺めながら日記や出納帖を書いたり、DSやったり。
こんな風に真夜中のコインランドリーで洗濯するのも、昔ちょっとだけ
憧れてたんだったな、とヤモリの赤ちゃんを眺めながら思い出した。
  Dsc00891 Dsc00893
見上げると、降るような星。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_13(8/15===7日目)

  Dsc00807
渡具知の兄さんに教えられた通り、長い坂を下りて上って居酒屋の前。
左手には左前方向へ行く道と左やや後方へ行く道。
判らなかったので左前方に行ってみたら間違いだった。
入り口の看板によると、どうやら住民と悪臭被害等で相当もめてるらしい
ブロイラー農場の専用道路に入っちゃったみたい。
渡具知の兄さんが「この辺通るとちょっとブロイラーが臭いけど・・・」
なんて道を教えてくれる時に言ってて「?」だったんだけど、なるほどね。
正しい道を海側に下りて漕ぎ降りていくと、大きなブロイラー農場の脇は
確かに相当なモノでした^^;しょうがないとは思いますけども・・・

緑が多くて車がほとんど通らない、気持ちの良い広い坂道を軽快に下ります。
途中すれ違った中学生ぐらいの姉弟と目が合ったので会釈してみたら
にこーと笑って挨拶してくれた。嬉しい。
自主的にお散歩デート中の犬も。
  Dsc00813
かなり来て「大丈夫かな?」と思ったあたりに教わったとおりの鳥居と道ふさぎを発見。
これかぁ。
  Dsc00814 Dsc00815_2
道ふさぎを潜り抜けて軽い坂を上ると辺り一面むせかるような甘い香り。
右手はパイナップル畑、左手はサトウキビ畑がザワザワ揺れながら
昼下がりの空気に温まった香りを振りまいているのでした。
  Dsc00818
錆びた大きなボンベのようなものがぶら下がっています。
半鐘代わりに鳴らすのでしょうか。どうも戦争の遺物のような気がします。
大きく絡まりあったガジュマルに抱かれた奥に久志観音堂がありました。
  Dsc00833 Dsc00827
  Dsc00823
  
このガジュマルは先ほど行った辺野古で撮影した「ホテルハイビスカス」の中で
キジムナータンメー(きじむなーは、子供と遊びたがるいたずら妖怪。
で、↑はきじむなー爺さん、みたいな意味。きじむなー呼びのおじさんです)が上に
小屋を作って住んでいるという撮影に使われた木です。
   Dsc00825 Dsc00826
  Dsc00820
映画の中でも大きな木だなぁと思ってはいたのですが、実際に見ると正に迫力。
ぐるっと周囲200度以上をこの木に囲まれる雰囲気になります。
確かにこんな木なら何か住んでいそう。
何かこちらの言葉を聞いて答えてくれそうな気配がします。
ガジュマルが何故沖縄で大切にされているのか少しわかりました。

この先どうしようか少し考え、ひとまず金武の町に向かって走ってみるかなと
ポンすけ号を南に向けてリスタート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_12(8/15===7日目)

  Dsc00778
第2辺野古と迷ったけど辺野古のバス停で降りてポンすけを広げて走り出します。
「座り込みキャンプ地→」の看板がある。
普天間基地の移設計画があり、ジュゴンの生息海を潰してしまうという事で
各国の反対派が座り込みを10年も続けているのです。
そこまで詳細に知らない私が行くのも冷やかしになるかと思い見には行きませんでした。

海のほうに向かって走ると、さーっとにわか雨。虹は出なさそう。
どうも風景が違うなぁと思って戻り、道端の家でお茶してたおばぁに
「映画撮った場所ってどこですかぁ」と聞いたら
「坂上の集落ヨー」と指差して教えてくれたので、坂をえいえいと自転車を押して上る。

と、上りきって開けた場所が「ホテルハイビスカス」のロケ地でした。
わー!美恵子ちゃんの家だ!
  Dsc00780_2 
周りをぐるりと見渡すと、目の前の交番もバスが来た角も。
DVD特典の地図では多分こちらだよなぁと坂をあがってみたらやはりそこが
渡具知ストアーで、ちょうど12時。
  Dsc00787 Dsc00785
ストアの目の前にある、これまた映画で何度も写っていた
色あせたTACOS:PIZZAと書いてある店が気になっていたので入ってみました。
  Dsc00784 Dsc00792
  Dsc00788 Dsc00789
  Dsc00790 Dsc00791
メニュー豊富すぎて困り、店の人に聞いてタコ焼きそば=タコスの具の焼きそば、
野菜増量にしてみる。メニュー、円とドルで値段が書いてあるのよ。
  Dsc00793
すっげー量です。炭水化物だらけ。旨い!450円。

あっちの席ではおばぁが3人、超大盛(3本ぐらい)のフライドチキンが乗ってる
「Bランチプレート」を食べてる。美味しそうだけど食べきれるの?
と思ってたら、最後にビニール袋を貰って半分持って帰ってた。なるほどねー。

美恵子ちゃんみたいにアイスキャンディーが食べたいなと思って渡具知ストアに
行ったけどそういうアイスキャンディーは無かった。
  黒糖の種類がすごい         噂に聞く瓶入りナッツ発見
  Dsc00797 Dsc00796
バナナが食べたいなーと思って聞いてみたら「量り売りだから一本でもいいヨー」
との事で、早速。熟れ熟れ濃厚。40円。
食べながら兄さんとおしゃべり始まる。
初めて沖縄来てなんで辺野古?から始まり、映画撮影時の話、ベトナム戦争の頃の
町の賑わいの話、久志観音への行き方とかお話して、またくるね!と兄さんとさようなら。

真昼の日差しのせいもあって町は更に色褪せて見える。
米軍相手の酒場の跡地、割烹なのにカタカナ名前の店舗。
  Dsc00799 Dsc00801
  Dsc00798 Dsc00783
そんなものを見ながら、もう1つのロケ地・久志観音に出発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車と南の島_11(8/15===7日目)

6時に目が覚めると素敵に晴れている気配。
朝ご飯も素敵に美味しい。本当はこれに納豆もつくのだけど辞退。
  Dsc00742  Dsc00743
南海民宿、奥の建物はそのままアパートな感じ。青空がまぶしいです。

ポンすけ号で名護の町に漕ぎ出しました。
  米軍物資放出品もあるストア      奥は公設市場
  Dsc00745 Dsc00746

  謎のガンプラまみれ喫茶店       真っ赤な花
  Dsc00748 Dsc00747

謎過ぎる店、大宝堂。
「ステーキ980円」と大書してある隣に「貴金属どこよりも高価買取!」
「タコライスチーズ・ピアス・カレー」という看板がもう完全に謎。
しかも宿に置いてあった名護の街案内ガイドブックを眺めてみたらその実体は
「インターネット喫茶」であるらしい。なんなんだ!
  Dsc00749_2 

町の門番・願いが叶う木、ひんぷん(塀)ガジュマル
  Dsc00757 Dsc00756

角を曲がってオリオンビール唯一の工場を見学に向かいます。
予約は入れてなかったけど何とかなりました。
サントリーやキリンの大工場に比べるとあまりに小さくて可愛い。
  Dsc00758 Dsc00760

オリオンのシリーズはビールも発泡酒も全てこの部屋から生まれます。
  Dsc00762
  Dsc00764 Dsc00765
  Dsc00767 Dsc00768
見学を終え、映像を見ながら出来立てビール試飲タイム。素敵。
  Dsc00774

名護十字路に戻り辺野古行きのバス停を探すがよくわからず、その辺に歩いてる
おばぁに聞いて探す。
この辺のおばぁは「こんにちは!」って言うとちょっといぶかしげな顔になるけど
バス停を・・・と聞くとニコニコっとして教えてくれる。与論みたいな雰囲気だなー。
ポンすけ号をたたんで、バッグに入れ終らない内にバスがやってきて
しまい、謝りながら乗って車内で輪行バッグにしまうという。
(本当は完全にしまってから乗らないとダメなんだよ~)
バスは島中央の山を東に向かって走り出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ